50代からの抜け毛の悩み|拒絶反応がない治療で症状の進行を食い止めよう

笑顔の男性

拒絶反応がない治療

男の人

薄毛に悩む人は年々増加しています。薄毛の原因にはいろいろあります。遺伝が関わっている場合もありますし、不規則な生活が薄毛に影響している場合もあります。その為、薄毛の原因と特定することは難しい状況ですが、最近は技術の進化により薄毛治療の幅も増えてきました。その中でも注目を集めているのが、「自毛植毛」です。

自毛植毛とは、生えている健康な髪を採取して薄毛の部分に移殖する治療です。薄毛の進行は人それぞれスピードが変わってきますが、後頭部は比較的薄毛になりにくい場所とされているので、自毛植毛は後頭部の毛から採取することが一般的です。また、健康な毛を採取する際には、皮膚も一緒に採取することになります。毛が生えている皮膚を採取して移殖することで、髪を生やすことができるのです。
自毛植毛の治療を行う際には、麻酔を使用する為、手術中は痛みがありませんが、手術が終わり麻酔が切れてしまうと痛みが出てくることがあります。自毛植毛をする際は、医師とよく相談して疑問点は解決するようにしましょう。

自毛植毛は自分の毛を植毛する治療なので、拒絶反応の心配がないとされています。自分の毛ではなく人口の毛を植毛した場合は、拒絶反応が起こることがある為、移殖をしても1年程で毛が抜けてしまうことがあります。その分、自毛植毛なら拒絶反応がないので、毛が抜け落ちる心配もありませんし、高い持続率があることも確認されている治療法なのです。

Copyright© 2016 50代からの抜け毛の悩み|拒絶反応がない治療で症状の進行を食い止めよう All Rights Reserved.